アダプター,カプラー > セルフ改造パーツ UV Topcor→LeicaLアダプター(ミラーレス仕様)★東京光学製UVトプコールレンズをライカLマウントへ
 
 
 
前の商品 セルフ改造パーツ UV Topcor→LeicaLアダプター(ミラーレス仕様)★東京光学製UVトプコールレンズをライカLマウントへ 次の商品
 
 




製造元 : 日本
価格 : 9,720円 (税込み)
N(新品)、1ヶ月保証
ショップポイント : 48
数量
 
Sold out
 
 
  ●商品の外観写真について
商品写真はクリックすると大きくしてご覧になります。
●商品のコンディション表記
N=新品、S=デッドストック、中古A=程度の良いUSED品、中古AB=若干の拭き傷などが見られるUSED品、中古B=傷が複数見られるUSED品。
 
 
    
 
 
東京光学製UVトプコールレンズをライカLマウントに変換するための当店オリジナルのアダプター用パーツです。このパーツだけでは使えませんが、お手元にトプコン製の一眼レフ「ユニ」か「ユニレックス」のジャンクをお持ちでしたら、そのマウント部品と絞りリングを取り出して、当パーツと組み合わせるだけでアダプターとして使えます。

■セルフ改造の手順

1.まずカメラのマウント部に見える3本のネジを外し、一体となったマウントと絞りリングを取り出します。この3本ネジはあとで使いますので紛失しないようにして下さい。

2.上記のマウントと絞りリングは互いにかみ合い、回すと絞りの数字が動いて機能します。この絞りリング部をまわして、赤い色の「AUTO」の文字とマウント部に記された「赤い点」を一番近くに位置に近づけておきます。

3.次に今回販売中のL39パーツにお客様が各自がお持ちのアダプターを取り付け、指標部が真上のくるポイントを見つけておきます。そして、この真上のポイントに上記2で設定した「AUTO」の位置をなるべく合わせ、ネジ穴の奥にマウントのネジ穴が見えたら3本ネジを締めて完成です(写真参照)。

■注意点
1.レンズとアダプター装着後、絞りはアダプター側から操作できますので、絞り羽根に粘りなどがない限り、確実に連動します。距離計連動機構はありませんが、
市販のアダプターを介してソニーEマウント等の各社ミラーレスカメラでご使用いただけます。

2.レンズの個体差を考慮し、若干オーバーインフに製造してあります。

■スペック
材質:アルミニウム+アルマイト加工、重量:56g。ライカL用リアキャップをおつけします。